7/15の17節・秋田戦でJ3の前半戦が終了しましたので総括を。

先ず前半戦16試合の結果がこちら。

前半戦:4勝1分11敗の勝点13、得点10・失点25・得失点差-15

順位は17チーム中の15位。J3からJFLの降格は現在ありませんが
降格ラインギリギリのラインですね。

16試合を1クール=8試合の2クールに分けて見てみると

第1クール:10分7敗の勝点3、得点2・失点11・得失点差-9
第2クール:3勝1分4敗の勝点10、得点8・失点14・得失点差-6

第1クール酷すぎ。でも第2クールは建て直して「勝点>試合数」になっています。
J1での残留ラインとも言われる数字を超えたことは評価できます。
守備が特別良くなったわけではありませんが、攻撃に繋がっているのは良いですね。

特に変わったのは12節・北九州から3バックにしたことで
北九州戦は負けましたが12節からの6試合は3勝3敗と五分、ホームで3連勝、8得点。
立て直しに成功したことがよくわかります。

この中で注目選手はインサイドハーフで起用されている高・高江・芝本の3選手。
高卒ルーキーの高と高江はJ3に順応してきて自分のプレーができるようになってます。
一番の注目はユース所属の2種登録選手・芝本。二川の後継者となるかもしれません。

6連敗スタートでどうなるかと本当に心配でしたが、見どころのあるチームとなってきました。
まだまだ課題も山積していますが、後半戦はそれを克服しつつ自信を持って自分のプレーを
できるようにすればもっといい結果が得られそうです。

勝点としては「試合数(16)+α」を期待。どれだけ積み上げられるかに注目です。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ