ロシアW杯アジア最終予選第9戦はホームでオーストラリアと。
勝てばロシアW杯出場決定になります。

中盤は長谷部・山口・井手口の3ボランチのような形で長谷部がアンカー?
ウイングは左・乾、右・浅野という起用になりました。

序盤から主導権を握ろうと前からプレスをかけますが、オーストラリアもそこは慌てず。
徐々に試合は落ち着いていきました。日本はCKをたくさん獲得して、それを蹴るのは井手口。
FKも井手口が全て蹴って、ショートコーナーあり、ニアもファーも狙って惜しいシーンを
何度も見せましたが得点には至らず。

お互い守備に集中して慎重さもみられるのでこのまま0-0で折り返すかと思いましたが
前半41分、左サイド長友のクロスにオーストラリアDFは大迫の動きに釣られ
その後ろから入ってきた浅野がドフリーで合わせてゴール!(・∀・)

いい時間帯に得点を奪って折り返しとなりました。

後半はオーストラリアが攻める時間が徐々に増えていきました。
選手交代で攻撃の選手を入れ、特に後半25分にケーヒルを入れてさらに攻勢に。
ただ全員集中してよく守りきりました。

追加点が欲しいものの、カウンターからのチャンスが何度かありましたが決めきれず。
このままでは最後何が起きるかわからないと思っていたら後半38分、カウンターから
交代で入った原口が粘って繋いだボールボールを井手口がドリブルでゴール前に。

そして右足を振り抜いてゴール右隅に突き刺さるファインゴール!(・∀・)
代表初ゴールをこれまた最高の時間帯で決めて試合はほぼ決めてくれました。

このまま試合は2-0で終わり、勝利で6大会連続のW杯出場決定。
最終予選敗戦スタートからよく盛り返したと思います。

22歳の浅野と21歳の井手口を起用して2人がゴールするというのは世代交代を
感じさせてくれる内容でした。ただ右サイドの連携が悪かったり、長谷部が狙われたり
課題もたくさんありましたねぇ。

今日のMoMは井手口だと思いますが、井手口の課題はインタビューかな(;´∀`)

にほんブログ村 サッカーブログへ