今シーズンも34試合を7,7,7,7,6の5クールとして総括しています。

第1クール:1勝1分5敗の勝点4、得点8・失点12・得失点差-4 「●●●△●●○」
第2クール:3勝1分3敗の勝点10、得点6・失点7・得失点差-1 「●○●○○●△」
第3クール:1勝3分3敗の勝点6、得点7・失点12・得失点差-5 「○」
第4クール:4勝1分2敗の勝点13、得点9・失点8・得失点差+1 「△●●○○○○」
第5クール:5勝0分1敗の勝点15、得点11・失点7・得失点差+4 「○○○○
シーズン計:146分14敗の勝点48、得点41・失点46・得失点差-5

前半:4勝3分10敗の勝点15、得点15・失点25・得失点差-10
後半:10勝3分4敗の勝点33、得点26・失点21・得失点差+5

● 5勝0分1敗・勝点15
 第4クールからの連勝を9と伸ばし、第4クールを上回る勝点15を獲得して残留を決めました。
 途中からは勢いが本当にありましたねぇ。

● 得点11・失点7・得失点差+4
 ファン・ウィジョ、アデミウソン、小野瀬がそれぞれ3得点。渡邉と中村がそれぞれ1得点。
 こうしてみると倉田が無得点なのが残念ですが、攻撃は非常によく回っていたと思います。
 守備は最後の柏戦の4失点がもったいなかったですね。

● シーズン計14勝6分14敗・勝点48(9位)
 前半と後半の勝敗数が全く逆になりました。失点数はもう少し減らしたかったですね。
 17位で低迷したところから、よくぞ9位までもっていけたと思います。

第4クール終了時、「残り6試合で勝点7取れば勝点40でギリギリかなぁ」なんて言ってましたが
勝点42ないと残留を決められないというハイレベルなシーズンで、よく残留を決められたと思います。

しかし終盤は試合を重ねるごとに自信を取り戻し、狙い通りの攻撃が出来ているシーンも増えました。
これを来年に繋げられれば、来年はいいシーズンになると思います。もちろん、補強もしっかりとね。

シーズン前の予想では、今野の存在が大きいと言ってた通り、いる時のいない時が
まるで551のある時・ない時のような結果になってしまいましたね。

FWは万全なら多少はやってくれると思っていたファン・ウィジョは期待以上の活躍、
さらに補強した渡邉がポスト役でしっかり役割を果たしてくれてなんとか形になりました。

来年もFWとボランチが補強ポイントであるのは間違いありません。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ