日本と同じC組の試合。

前半6分にコロンビアがあっさり先制( ゚д゚)
右サイド深くからマイナスのセンタリングが効きました。
ここからコロンビアはしっかり引いて守って、ギリシャは崩しきる場面なく前半終了。
ギリシャはゴール前のアイディア不足は否めないですね。

後半も同様の展開の中、後半13分にCKからコロンビアが追加点。
直後にギリシャも決定機ありますが惜しくもクロスバー直撃でゴールならず。
ミドルレンジからの惜しいシュートはありましたが、決めることはできず
さらに終了間際にダメ押しとなるゴールが出て3-0でコロンビア勝利。

ギリシャは完全にゲームプランが崩れてしまった試合でした。
W杯、さらにその初戦の先制点の重要性を感じる一戦となりました。
まーコロンビアは攻撃も守備もしっかりメリハリつけてやって隙がない印象。
流石ペケルマン監督なのかも。

コロンビアのゴールシーン、えぐってマイナスのクロスや低い弾道のCKなどは
ギリシャから点を取るには日本も必要になってくるでしょうね。

にほんブログ村 サッカーブログへ