初戦を落とした同士の対決。

イングランドの攻める時間が長いですが、ウルグアイもしっかり守ってる。
前半は0-0で終わるかと思ったら38分にカウンター気味なとこから
スアレスの見事なヘッドで先制。崩したというよりクロスを上げた選手と2人で
点取った印象。数少ないチャンスを決める決定力があります。

後半、イングランドは益々攻勢に出ますが、中々得点には繋がらず。
ジェラードのミドル炸裂期待してましたが、出ませんでしたねぇ。
しかし後半30分、右サイドの突破からルーニーがW杯初ゴールで同点。
W杯10試合目で初ゴールというのも意外でした。

このまま一気にイングランド押しきれるかと思いましたが、
GKからのフィードをジェラードがヘッドで跳ね返せず、逆に後ろに流してしまったところを
スアレスが抜け出して決勝ゴール。

イングランドは敗退がほぼ決まり。死の組の犠牲者という感じですねぇ。

にほんブログ村 サッカーブログへ