コスタリカが先に抜けて勝った方がGL抜ける試合。引分けの場合はイタリア。

前半はお互い慎重さある試合で、決定機はさほどなく終了。

後半も引き続き先制されたくない雰囲気がありますが、
後半14分にイタリアのマルキジオが一発退場でイタリア10人に。
ここから試合が動き始める。

イタリアは引分けでもいいので守りに入って流石イタリアという守り。 
しかし後半36分にCKからウルグアイ先制。ヘッドというより背中で
押し込んだ得点でした。

ここからイタリアは攻めに出るも、暑い中の試合でもう運動量はなく終了。
イタリアは2大会連続のGL敗退となりました。
このグループでは欧州勢2国が敗退。やはり南米の大会だからでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログへ