おそらくRound16一番の好カードだと思います。
かなり暑いようで、給水タイムが取られる試合でした。

オランダはまた5バック気味、メキシコもロッベンやファンペルシーにスペースを与えず、
相手のいいところは消しつつも自分たちのいいところも出したいという展開。
前半最大の決定機はメキシコのCBのミスをファンペルシーがかっさらったシーンですが
ロッベンにパス出して詰められてシュート撃てず。0-0で折り返し。

後半早々にドス・サントスの見事なミドルが決まってメキシコ先制。
ここからオランダは攻勢に出るものの、中々決定機を作れない。
2つあった決定機はオチョアのスーパーセーブに防がれるし、
今大会まだ得点がないスナイデルが心なしか焦り気味でシュートはブロックされるばかり。

しかしこのまま終わるかと思った後半43分、オランダのCKで後ろに落としたボールを
スナイデルが豪快に蹴りこんで同点。いやぁスナイデルここで出ましたか。
もう残り時間で決めてしまいたいオランダはさらに攻勢に出て、ATにロッベンがPKを獲得。
それをフンテラールが決めて逆転。

オランダは5バックから4バックに切り替えての見事な逆転勝利でした。
これでスナイデルがノッていけたら面白そうです。

にほんブログ村 サッカーブログへ