決勝 ドイツvsアルゼンチン

予想通りドイツのポゼッション率が高く、高いラインの裏を狙うアルゼンチン
というお互いの狙いが序盤からはっきりわかる展開。アルゼンチンはドリブルもうまく使って、
メッシが右サイドをドリブルで突破してえぐるシーンを作るも得点できず。

ドイツの前半最大のチャンスはATにCKでポストを叩いたシーン。
お互いシュートは少なかったものの、いいところも出し合って0-0で前半終了。

後半立ち上がりスルーパスを受けたメッシに絶好のチャンス。
しかしシュートはわずかに枠の外。メッシはこれを決めないと…('A`)
後半序盤はラベッシ→アグエロでシステム変更もしたアルゼンチンペースも
徐々にドイツが対応してペースを取り戻す。

時間が経つにつれゴール前のシーンが増えるものの、お互い守備の集中は切れず
ゴール前で粘り強く守って得点はなし。0-0のまま延長戦へ。

延長開始早々のドイツの決定機はGKロメロがストップ。
そのボールをそのままアルゼンチンがカウンターに持ち込むゴール前からゴール前の展開。
アルゼンチンはパラシオが決定機を迎えるも決められず。

延長後半8分に左サイドを突破したシュルレのクロスをゲッツェが胸トラップから
ボレーを叩き込んでゴール!(・∀・) ここで素晴らしいゴールが生まれました。
しかしゲッツェに対しての祝福が荒っぽいw

延長に入ってドイツのCB 2人に疲れが見えるからメッシがいい形で持てばと思うが
メッシにいい形でボールは入らず。延長後半ATにやっと中央で前向いてドリブルした
ところでファウルを奪って得たFKがラストチャンス。これを決めることはできず、試合終了。

ドイツが6大会ぶり優勝。チームとして文句のない強さがありました。
アルゼンチンもチャンスあって惜しかったですが、GKノイアーの存在が大きかったのかも。

にほんブログ村 サッカーブログへ